このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の概要

私達人間は、生きていく上で欠かすことの出来ないものというのが多々あります。
特に欠かせないものは「衣食住」です。
これは、それぞれ、衣は衣服、食は食べ物、住は住まいのことを指しています。
中でも住まいというのは人間が生きていく上で非常に重要なものになっています。
住まいとして建てる建築物のことを「住宅・住居」と言います。
また、「マイホーム」などと呼ばれる場合もあります。
この住宅・住居というものは、周囲の環境から居住者の快適な生活を守るために存在するものであり、生活範囲となる環境を含める場合もあります。
この場合の「周囲の環境」というのは、「雨」「風」「雪」「暑さ」「寒さ」などの気候や「騒音」や「異臭」などや「猛獣」や「害虫」などの天敵などを指しています。
また、これらは立地条件などによって異なるものであり、住宅・住居に求められる要素もそれによって異なります。
また、一般的に「一戸建て」と呼ばれるものは、一つ敷地に一世帯が居住している状態のこと言い、個人住宅などと呼ぶこともあります。
また、これとは逆に一つの敷地に複数世帯が居住することを「集合住宅」または「共同住宅」などと呼ばれます。
このように、住宅・住居は「一戸建て」と「集合住宅」という2つに大別されます。
このように、一戸建てというのはそのまま一つの建物そのものを住居とすることであり、集合住宅は、マンションやアパートなどのように、建物の中の一室を住居とすることを言います。
また、自分自身が所有して、居住することを「持ち家」と言い、逆に、他人が所有している住宅を借りて居住することを「貸家」と言います。
このように、住宅・住居というものは、住宅の建築方法によって2つに大別出来ますが他にも、所有しているのか他人から借りるのかという2つでも分類することが出来ます。
また、この住宅の形には、社会の変化に対応した流行というものが存在します。
これは、例えば「和風住宅」や「洋風住宅」「欧風住宅」などといった名称が付くことが多いです。
また、この他にも、高齢者がいる家庭では、その高齢者の在宅ケアなどを行うために同居する人間が増えることが多々あり、この場合は「二世帯住宅」や「三世帯住宅」などと呼ばれたり、「高齢者住宅」や「バリアフリー」など呼称も近年では作られています。
このように、ただ単純に住宅・住居と言っても、立地条件であったり、一戸建てか集合住宅かであったり、所有者が自分であるか他人であるかなど様々な点で異なってくるものであるため、住居を選ぶ時には非常に様々な要素を考慮する必要があります。
Copyright (C)2017住宅で理想のライフスタイルを実現しよう.All rights reserved.